組織
加盟団体
規約
トップページ協会概要>規約 2ページ目

第4章   役     員

(役 員)
第9条 本会に次の役員をおく。
会  長   1名、 副 会 長  若干名、 理 事 長  1名、 副理事長 2名~3名 
常任理事   若干名、 理   事  加盟団体代表者及び会長の指名する者  
事務局長   1名、 監  事  2名、  顧問及び参与  若干名

(役員の選任)
第10条 会長、副会長は、理事会でこれを推挙する。
2 理事長・常任理事は、理事会で互選する。
3 理事は、加盟団体がそれぞれ1人を選出する。ただし、理事は監事を兼ねることはできない。
4 上記理事以外に会長は、学識経験者の中から理事を委嘱することができる。
5 事務局長は、会長が任免する。  
6 監事は、理事会の同意を得て会長が委嘱する。
7 顧問及び参与は、会長が委嘱する。

(役員の職務)
第11条 会長は、本会を代表して会務を統轄する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
3 理事長は、会長、副会長を補佐し、理事会の決議に基づき日常の事務を掌理する。
4 常任理事は、理事長を補佐する。
5 理事は、理事会を組織して、本会の業務を執行する。
6 監事は、民法第59条に規定する職務を行う。
7 事務局長は、本会の事務を処理する。
8 顧問および参与は、会長の諮問に応ずる。

(役員の任期)
第12条 役員の任期は、2年とする。
2 補欠または増員による役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
3 役員は、任期満了後も、後任者が就任するまで在任する。

第5章   会     議

(理事会)
第13条 理事会は、会長が招集し、会議の議長は、会長とする。理事会は、次の事項について審議、
決定する。
(1)役員の選出。
(2)事業計画に関すること。
(3)予算、決算に関すること。
(4)規約の改廃。
(5)その他、重要事項。

(常任理事会)
第14条 常任理事会は、理事長が議長となり、次に掲げる事項を審議する。

  1. 理事会に付議する事項。
  2. 指導者に関すること。
  3. 普及、振興に関すること。
  4. その他、重要事項。

(議 決)
第15条 本会の会議は、構成人員の2分の1以上(委任状を含む)の出席によって成立し、議決は出
席者の過半数による。可否同数のときは議長の決するところによる。

第6章   専 門 委 員 会

(専門委員会)
第16条 本会は、第4条に定める事業を遂行するに必要な専門委員会を設けることができる。
2 専門委員会の名称、目的、委員数その他の事項は別に定める。

第7章   補     則

(規約の改廃)
第17条 この規約の改廃は、理事会において3分の2以上の同意を得なければならない。

付 則  この規約は、平成6年4月1日から施行する。
付 則  この規約は、平成7年4月1日から施行する。
付 則  この規約は、平成10年4月1日から施行する。
付 則  この規約は、平成12年4月1日から施行する。
付 則  この規約は、平成16年4月1日から施行する。
付 則  この規約は、平成18年4月1日から施行する。